自律神経失調症の原因を改善しましょう~ココロ安らぎ術~

病院

脳血管の先天性異常

女性

特徴とその症状

脳動静脈奇形とは、生まれつき脳の血管の先天性異常の事を言います。動脈と毛細血管と静脈の異常吻合によって、動脈の血液が毛細血管を介さずに静脈に流れていきます。そのため、静脈に負荷がかかってしまい、血管の壁が圧に耐えられなくなって脳出血がおこります。脳動静脈奇形の特徴的な症状としては、吐き気や頭痛や嘔吐などの自覚症状を始め、片方の麻痺・言語障害・視野障害・感覚障害などの重症な症状も現れると言われています。また、てんかん発作やくも膜下出血などの症状が出る事もあります。基本的に脳動静脈奇形の治療としては、患者さんの年齢・性別・合併症の有無や、脳動静脈奇形の大きさ・できた部位などの条件に合わせて、外科手術を行います。

それぞれの治療法の比較

脳動静脈奇形の治療を行う目的としては、脳出血を起こさないように予防する事が挙げられます。しかし、すでに脳出血をしてしまった場合には、失ってしまった機能を取り戻す事は不可能だと言われています。脳出血を予防するための治療法は、脳動静脈奇形そのものを取り除いて、根本的な治療が行える手術や、ガンマナイフという放射線治療があります。手術では、前処置として血管内手術を行い、血管内手術では治療効果が現れにくいため、脳動静脈奇形自体を取り除く手術を行います。しかし、危険な部位にできた脳動静脈奇形については、治療が行えません。ガンマナイフでの治療では、手術とは違ってどの部位にできても安全に治療が行えるというメリットがありますが、即効性としては手術に劣っています。